主婦ならやってみたい在宅ワーク

パソコンで仕事
画像はイメージです

こんにちは!今回は、主婦たちが憧れる「在宅ワーク」について書いてみたいと思います。

「旦那の給料じゃやってけない!」とか、「プラスアルファの収入が欲しい!」などと言った、人によってお金が必要です。今回は私が体験した在宅のWebライターについて色々触れてみたいと思います。

在宅ワークをやり始めた理由

洗濯ばさみ
画像はイメージです

自分には資格もなければ特技もなし。人と同じことをしていたら成長しない。だからと言って、アナログな私がパソコンをカタカタできるわけないしと思ったからです。

高校を卒業してから30前後までは接客業ばかりしていました。しかし、接客業が在宅で経験を生かすこともできません。

そのころ、アフィリエイトとう副業を耳にするようになり、パソコンを購入するところからスタート!

多くの人は在宅のwebライターに尻込み!?

pasokon
画像はイメージです

最初から何もせずに、頭から「私なんて無理…」と思う人が多いのでは?
しかし、在宅ワークの募集は、「ほとんどが未経験者歓迎!」という記載がされています。

しかし、クライアントさんの中には、プロのライティングを身に着けてもらいたいという人も中にはいます。ですから、最初から尻込みをせず、webライターに応募してみるといいかも!?

これまで私が体験した在宅ワークを紹介

簡単ですがざっとまとめていきたいと思います。
「あ~こんな在宅ワークあったんだ」とう感覚でご覧くださいね。

webライター(ライティング)

パソコンビジネス
画像はイメージです

・クラウドサービス、サグーワークス、shinobiライティングなど。

ここでは主にwebライティングがメインです。ライティングタスク作業という簡単な作業から、クライアントさんと計画を交わして行うライティングなど、いろんなパターンがあるんですよ。

またジャンルもたくさんあって、私が得意(興味があるジャンル)「旅行」「健康」「美容」を探して書いてみました。

データ入力

webライティングのほか、たまには気分転換にと思って「データ入力」も行いましたね。
例えば名刺入力や出品登録などです。

もちろん誤字脱字や金額や商品の入力ミスなどは言語道断。ですがwebライティングのお仕事よりも悩まなくてもいいし、ちょっとした時間つぶしにはちょうど良かったですね。

仕事をする女性
画像はイメージです

メルカリ出品

メルカリです。これは在宅ワークや副業で一度は経験したことがあるのでは?
最初は「こんなものが売れるの?」と思うもの、一か八かで出品し、その日の夜に購入者がいたことに味を覚えてしまいました!

最初は顔の見えない購入者とのやり取りが大変でした。
でも接客業を経験している私は、緊張はそれ一度だけで、今となっては自信もって対応しています(笑)

【メルカリで感じた嫌なこと】

・出品した途端「お値下げ可能ですか?」
商品説明やプロフィールで、お値下げしておりませんと記載していたのに、読まずに値下げを迫って来る人。

・「側面の画像をもらえますか?」というので、画像を複数アップし「画像をアップしましたのでご確認ください」とコメントしたら、完璧スルー。

・購入したのに一向に入金されない。支払期限が近付いてきたので「ご入金されますか?」とコメントをしたら一切無視・・・
私は特に絶対売りたいわけではなかったので、一度コメントを入れてキャンセルさせていただきました。

今思いつくのはこれくらいでしょうかね。

※番外編ですが、初めて某オークションで初出品をしたとき、入札がいくつかあったのですが、落札した方から一向に入金されず・・・

支払い期限が迫っているので「ご入金なさいますか?」とコメントをしたら、かなりの時間さで入金が確認できました。そしたら落札者から「本当は落札欲しくなかったのですが、仕方ないので入金します」とメッセージが・・・。
どんな心理状態だったのか、私には理解不能です・・・。

メルカリ出品はコツコツと出品し、臨機応変に対応することがポイントだと思います。
まだまだ経験不足ですが、主婦の方の断捨離や、副業などにもいいかもしれません。

 

これなら在宅ワークで稼げる?私もプロのwebライターの仲間入り!?

カフェでお仕事
画像はイメージです

私はwebライターを初めて5年以上が経ちます。最初の数年間は、フルタイムで働いていたので、ライターのお仕事はほとんどタスク作業ばかりでした。
数年前にフルタイムのお仕事を辞めて、本格的に在宅ワークのwebライターとしてお収入を得たいという思いがありました。

 

在宅webライターのメリット&デメリットを上げてみる!

最後の追い上げ
画像はイメージです

【在宅webライターのメリット】

・自分のペースで作業ができる

本当にこれが一番!誰にも大切な時間を邪魔されず、一人の世界に入って集中できるのがいいですよね。

・人間関係の悩みから解放される

いや、もしかしたらこれが一番と思う人が多いのでは?
私も人間関係のいざこざで大変でした。人と絡む仕事は当分いらない(笑)

・自分で仕事を選ぶことができる

これも大切ですね。本当に自分に合った仕事を選ぶことができるのが大きなメリットです。
ムリして他人から頼まれた仕事をこなさなくてはいけない義務感も必要ありません。

 

【在宅webライターのデメリット】

手数料が高い

クラウドワークスやランサーズは、大手のクラウドサービスです。
特に在宅ワーク、フリーランスの人たちがここを一度を通っているのではないでしょうか?
私もクラウドワークスでお世話になったこともあり、どんなお仕事があるのかある程度把握しています。
ただし、毎月10万円以下の報酬は20%の手数料が差し引かれるので本当に痛い…。
また、10万円以上20万円以下だたと報酬の10%が差し引かれるので、稼いだもん勝ち。

ただ、他のクライアントさんと合算ができないので、1つのクライアントさんのお仕事で稼いだ時の例にすぎません。お仕事たくさん欲しいのに、お仕事の単価が高くても、10万円未満の報酬はザラにあります。

・クライアントさんによっていろいろある

私の場合、いろんなクライアントさんのお仕事に携わったことがあります。ほとんどのクライアントさんがいい人が多かったのですが、一度だけ、超最悪なクライアントさんに遭遇したことがあります。

「クオリティーがひどすぎる!こんな記事今まで見たことない!何を考えているんですか?」

これはあくまでも一言であり、とにかくひどかったですね・・・。

しかも「修正し直してあと2時間以内に納品してください!」と。
正直ここまで言われちゃうと、こんな気持ちでいい記事は書けません。
もう心が折れまくったので、契約終了をしました。

いろいろありますが、詳しいことは別の機会にお話しをしたいと思います。

・途中で契約終了になる

せっかくお仕事の流れに慣れてきたころ、収入が安定してきたなと安心していると、クライアントより、「急ですが、今月いっぱいで終了となります」と、契約終了と連絡が来ることが何回かありました。

理由はいろいろあるでしょうけど、クライアントさんだって利益を出したい思いがあるでしょう。

分かっていても、やっぱり正直悲しくなります。

・駄目だしばかりして仕事がはかどらない時がある

1文字1円のお仕事を引き受けた時がありました。5000文字でしたので、5000円のお仕事で、ジャンルも美容系の記事で得意分野でした。

完成して納品したものの、とにかくダメだしが多く何度も修正させられるということがありました。

そのクライアントさんは、短い文章で分かりやすく、もっと短く、中学生も見る可能性があるからもっと分かりますく。

最終的には「この書き方は初心者あるあるなんですよね…」と上から目線で言葉を残し、その一度お支払いしてもらって終了。

単価が高いからいいという訳ではなさそうです。時間と手間がかかり、そのクライアントさんとのやり取りが多すぎて、ほかのクライアントさんのお仕事に影響が出てきてしまいます。

Webライターはお金を稼ぐための1つの手段として考えよう!

深呼吸をする女性
画像はイメージです

主婦の在宅ワークや、サラリーマンなどの副業は、まだまだたくさんあります!今回ご紹介した在宅ワークは、あくまでもスマホとパソコンを使ったWebライティングやメルカリ出品についてご紹介しています。これからWebライターやメルカリ出品を考えている人と参考になればと思います。